ワークライフバランスコンサルティング・研修

労働力人口が減少している日本の成長は下りエスカレータに乗っている状況と言われています。そのためにも女性・男性問わず、健康で働く意思がある人が社会参画できる組織づくり「ワークライフバランス」が求められています。ワークライフバランスは女性従業員向けの福利厚生ではなく、企業の成長戦略として取り組むことで当事者だけでなく全従業員にとってロイヤリティの高まる企業へと変革できる効果が期待できます。お気軽にご相談ください。

課題認識・要望把握

貴社の現状の課題や、ご要望を出来る限り的確に把握させていただきます。

 

プラン提案・お見積り

貴社の現状と課題、従業員の特性から、必要と思われる取り組みを人事制度、職場環境改善のコンサルティング、研修メニューと掛け合わせご提案。

 

プロジェクト開始

意識改革研修・働き方見直しワークショップ/
働き方見直しプロジェクト実行(3ヶ月以上〜)/制度・施策/環境改善

 

定着・運用フォロー

各施策を確実に実施し、効果を高めるために必要なフォローを行い、
自走できる組織へと変革します。

研修メニュー・コンサルティング例

経営幹部・管理者向けワークライフバランス意識改革研修
子育て社員向けなど、一部の従業員の福利厚生として捉えられがちなワークライフバランスの制度・職場環境づくりを人材不足時代における優秀な人材確保策として捉え、経営戦略に据え、企業成長にどのように結びつけていけばいいのかを事例を交えてお伝えします。

全従業員対象働き方見直しワークショップ
高度経済成長時代に恒常的に行ってきた「残業ありき」の働き方を見直し、業務の生産性を高め、筋肉質な企業へ成長をさせるための意識共有のワークショップです。全従業員の参画意識を醸成させ、自分たちで組織の未来を創造していくという主体性を育てると同時に働き方見直しのための実務的な施策を考えます。

「働き方見直し」プロジェクト例
•ワークライフバランス組織診断
•業務の棚卸しによる業務の劣後順位付け
•会議ファシリテーション手法変革
•業務担当共有による多能工化   ほか
施策メニュー例
•育児/介護と仕事の両立
•ワークライフバランス関連助成金申請
•人事評価の見直し支援
ハード面における働きやすい職場づくり
•在宅勤務制度構築
•テレビ会議システム導入

女性活躍推進コンサルティング・研修

女性活躍推進法が成立し、300人以上の企業は行動計画策定が義務付けられました。女性従業員を育成するには、従来の男性向けに適用された同質性を求めるマネジメントではなく女性一人ひとりを個別に尊重し、ライフイベントを乗り越えるキャリアビジョンを描かせ、エンパワメントを発揮させることが求められます。「仕事と子育て両立ラボ」では、人事制度構築で就業環境の整備をするだけでなく、研修によって女性従業員のエンパワメントとキャリアアップを図らせ、個人向けキャリアカウンセリングで中長期的な女性従業員の成長をサポートいたします。また「仕事と子育て両立ラボ」が有するコミュニティのグループ相談会に参加することができます。お気軽にご相談ください。

研修メニュー例

  • ・女性従業員向けキャリアビジョン研修
  • ・女性のためのリーダーシップ研修
  • ・ロジカルコミュニケーション
  • ・若手~中堅女性向けリーダー職育成研修
  • ・生産性を高めるタイムマネジメント研修
  • ・産休・育休者復職者マインドアップ研修
  • ・管理者向けセクハラ・マタハラ研修
  • ・管理者向けイクボス研修 等

制度設計・環境支援

・女性活躍推進向け人事制度設計
・セクハラ・マタハラ防止の職場環境評価・改善

職場環境改善コミュニケーション研修

リーダーのためのハラスメント防止の知識習得&コミュニケーション
ハラスメント(パワハラ・セクハラ・マタハラ)の基礎知識と判断基準を身につけ、マネジメントに活かすことができます。また、職場環境の改善や施策方法を考えることで、離職率の低下のためリスク管理に必要な取り組みを促進します。

感情マネジメントで多様性のある職場を活性化
カウンセリング理論に則った感情マネジメントを学ぶことで、価値観やバックグラウンドが異なる従業員同士でも、多様性を受け入れるようになり組織活性をさせます。

実績一例

県庁、地方自治体、東京商工会議所、大手人材派遣会社、IT企業、金融機関団体、その他法人向け公開研修など、幅広くご好評いただいています。

ワークスタイル実績写真1
上記は一例です。貴社にカスタマイズしたご提案をさせていただきます。